COMPETITIVE FUNDS

資金獲得


Grants  /  研究費・研究助成金


Jun. 2017 ~ Mar. 2022

科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)/連携研究者

「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築―多文化をつなぐ顔と身体表現」

計画研究A01-P02「顔と身体表現の多文化比較フィールド実験研究」


Apr. 2017 ~ Mar. 2020

公益財団法人ロッテ財団研究助成金/研究代表者(単独)

「昆虫食文化の形成要因の解明:健康的かつ持続可能な代替的食料源の普及に向けて」


Aug. 2016 ~ Jun. 2017

科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)/連携研究者

「多様な質感認識の科学的解明と革新的質感技術の創出」

公募研究D01-5「質感認知の異文化比較研究」


Jul. 2016 ~ Mar. 2017

九州大学QRプログラムわかばチャレンジ/研究代表者(単独)

「錯視の感性的評価に関する実験心理学的考察〜基礎から応用への橋渡し」


Oct. 2015 ~ Sep. 2018

公益財団法人ヒロセ国際奨学財団研究助成金/研究代表者(単独)

「錯視に関する包括的実験心理学研究〜知覚・感性認知・応用の3つの側面から」


Jul. 2015 ~ Mar. 2017

九州大学社会連携事業/事業代表者(単独)

「福岡県における持続的な留学生サポート連携事業」


Oct. 2014 ~ Mar. 2015

Interdisciplinary Programs in Education & Projects in Research Development, Kyushu University.

九州大学教育研究プログラム研究拠点形成プロジェクト/プロジェクト代表者(共同

「留学生教育・支援への提案―異文化適応とソーシャルサポートに着目した応用心理学研究」


Apr. 2010 ~ Mar. 2012

Grant-in-Aid for JSPS Fellows, Japan society for the promotion of science.

日本学術振興会特別研究員(DC2)研究費/研究代表者(単独)

「視覚情報処理メカニズムの知覚的・感性的基盤〜錯視図形の検討を通して〜」



Scholarships  /  奨学金


Apr. 2010

Hirose Scholarship for International Students

The Hirose Foundation for International Scholarship


Dec. 2009

One-time Scholarship

Kyushu University


Oct. 2009

"Honors Scholarship" for privately financed international students

Japan Student Services Organization


May 2009

Scholarship for Students Promoted to Ph.D. Course Kyushu University


Apr. 2009

Fukuoka Rainbow Scholarship for International Students

Fukuoka International Association


Apr. 2008

The Kawaguchi Shizu Memorial Scholarship

The Asian Foundation for International Scholarship Interchange


Jun. 2005, Jun. 2004, Jun. 2003, and Jun. 2002

Scholarship for Outstanding Students

Qingdao University

PRESENTATIONS

学会發表


International


  1. 1.Qian, K., & Mitsudo, H. (2017). The eggs illusion: inducing factors of an illusory shape deformation. The 40th European Conference on Visual Perception. Berlin, GERMANY. Aug 27-31, 2017.

  2. 2.Huang, L., Qian, K., & Yamaguchi, H. (2011). Received social support influences international students’ ethnical identity, acculturation, and perceived discrimination. The 9th Biennial Conference of Asian Association of Social Psychology. Kunming, CHINA, July 28-31, 2011.

  3. 3.Qian, K., Kawabe, T., Yamada, Y. & Miura, K. (2010). The effect of binocular integration on Scintillating bar illusion. The 33rd European Conference on Visual Perception. Lausanne, SWITZERLAND, Aug 22-26, 2010.

  4. 4.Qian, K., Kawabe, T., Miura, K. & Yamada, Y. (2010). Scintillating bar illusion. The 3rd Asia-Pacific Conference on Vision. Taipei, CHINA, Jul 23-26, 2010.

  5. 5.Qian, K., & Kawabe, T. Jaggy diamonds illusion. (2010). The Demo Night of the 10th Annual Meeting of the Vision Sciences Society. Naples, USA, May 7-12, 2010.

  6. 6.Qian, K., Kawabe, T., Yamada, Y., & Miura, K. (2010). Why are objects in tilt-shift photographs perceived as like miniatures? The 3rd International Workshop on Kansei. Fukuoka, JAPAN, Feb 22-23, 2010.

  7. 7.Qian, K., Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K. (2009). Grid Illusions require continuous grids. The NIPS International Workshop for Scientific Study of Consciousness. Okazaki, JAPAN. Sep 19-20, 2009.

  8. 8.Qian K., Yamada, Y., Kawabe, T. & Miura, K. (2008). The role of orientation processing in scintillating grid illusion. The 12th Annual Meeting of the Association for the Scientific Study of Consciousness. Taipei, CHINA. Jun 19-22, 2008.

  9. 9.Qian, K., Kawabe, T., Yamada, Y., & Miura, K. (2007). The shape of luminance increments at the intersection alters the magnitude of the scintillating grid illusion. The 24th Meeting of the International Society of Psychophysics. Tokyo, JAPAN. Oct 20-23, 2007.


Domestic


  1. 1.銭コン・山田裕樹・河邉隆寛・三浦佳世 (2007). きらめき格子錯視における幾何学的要因.電子情報通信学会 ヒューマン情報処理研究会,口頭発表,東北大学・仙台,2007年12月6-7日。

  2. 2.銭コン・山田祐樹・河邉隆寛・三浦佳世 (2007). きらめき格子錯視 −方位に着目して−.日本基礎心理学会第26回大会,ポスター発表 (1P23),上智大学・東京,2007年12月8-9日.

  3. 3.銭昆・山田裕樹・河邉隆寛・三浦佳世 (2009). 格子型錯視の空間的特性 −方位の要因の検討を通して−.第42回知覚コロキウム,口頭発表,九州大学・福岡,2009年3月20-22日.

  4. 4.錢琨・河邉隆寛・山田祐樹・三浦佳世 (2010). 写真のミニチュア効果と視覚因.日本認知心理学会第8回大会,ポスター発表,西南学院大学・福岡,2010年5月29-30日.

  5. 5.錢琨 (2010).きらめき格子錯視の生起メカニズムの検討 −方位情報と両眼情報統合に着目して.第38回Young Perceptionists' Seminar (YPS 2010), めかり山荘・北九州,2010年9月2日-4日.

  6. 6.黄麗華・ 錢琨 山口裕幸 (2010). 在日中国人留学生の文化アイデンティティについての考察~ソーシャルサポートと偏見・差別との関係に着目して.日本社会心理学会第51回大会,ポスター発表,広島大学・広島,2010年9月17-18日.

  7. 7.銭昆・河邉隆寛・山田祐樹・三浦佳世 (2010) ギャップに負けないきらめき錯視.日本基礎心理学会第29回大会, ポスター発表,関西学院大学・西宮,2010年11月27日-28日.

  8. 8.銭琨・光藤宏行 (2015) 格子による圧縮変形錯視.日本基礎心理学会第34回大会, ポスター発表,大阪樟蔭女子大学・西宮,2015年11月28日-29日.

  9. 9.鑓水秀和・錢琨・大石高典・島田将喜・高橋康介 (2017) 自然風景画像からの地域推定における色情報の効果.日本心理学会第81回大会,ポスター発表,久留米大学・久留米,2017年9月20日-22日.

  10. 10. 高橋康介・島田将喜・大石高典・錢琨 (2017) 続・顔と身体表現の多文化比較フィールド実験研究.公開シンポジウム「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築 (第2回)」,口頭発表,東京外国語大学・府中,2017年12月2日.

  11. 11. 銭琨 (2018) 世界中の現場で感性を楽しむ〜フィールドにおける心理学調査.日本認知心理学会感性学研究部会第17回感性学研究会,口頭発表,九州大学・福岡,2018年1月18日.

PUBLICATIONS

論文


Refereed

  1. 1.Qian, K., & Mitsudo, H. (2016). Eggs illusion: Local shape deformation generated by a grid pattern. Journal of Vision, 16, 27. doi:10.1167/16.15.27.

  2. 2.Qian, K., Kawabe, T., Yamada, Y., & Miura, K. (2012). The role of orientation processing in the scintillating grid illusion. Attention, Perception, & Psychophysics, 74-5, 1020-1032.

  3. 3.Kawabe, T., Qian, K., Yamada, Y., & Miura, K. (2010). Last but not least: The Jaggy Diamonds Illusion. Perception, 39, 573-576.

  4. 4.Qian, K., Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K. (2009). The scintillating grid illusion: Influence of size, shape, and orientation of the luminance patches. Perception, 38, 1172-1182.


Unrefereed 

  1. 5.Qian, K., Kawabe, T., Yamada, Y., & Miura, K. (2010). Why are objects in tilt-shift photographs perceived as like miniatures? Proceedings of the 3rd International Workshop on Kansei, 104-107.

  2. 6.Qian, K., Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K. (2007). The shape of luminance increments at the intersection alters the magnitude of the scintillating grid illusion. Proceedings of the 24th Meeting of the International Society of Psychophysics, 427 -432.

  3. 7.Qian, K., Yamada, Y., Kawabe, T., & Miura, K. (2007). The geometrical factors on scintillating grid illusion. Technical report of IEICE. HIP, 107(369), 27-31. (in Japanese)

AWARDS

奨賞


Jan. 2016

Best presentation award, The Japanese Psychonomic Society.

日本基礎心理学会第34回大会 優秀発表賞

「格子による圧縮変形錯視」


Nov. 2015

Best 10 in the 2nd Illusion Contest, The Japanese Psychonomic Society.

日本基礎心理学会 第7回錯視コンテスト 入賞

「格子による圧縮変形錯視」


Dec. 2010

Best 10 in the 2nd Illusion Contest, The Japanese Psychonomic Society.

日本基礎心理学会 第2回錯視コンテスト 入賞

「羽ばたく箸の翼錯視」


Mar. 2009

Dean's Award, Graduate School of Human-Environment Studies, Kyushu University.

九州大学人間環境学府修士論文学府長賞

BOOKS

著書


  1. 1.錢琨 「日本旅本」,中国広東旅遊出版社,2017年2月.

  2. 2.錢琨 「デザインと錯視」,三浦佳世(編)「感性認知〜アイステーシスの心理学」,北大路書房,2016年3月.